Top > 便秘 > 腸の健康が便秘を防ぐ

腸の健康が便秘を防ぐ

腸を健康的な状態にする事が便秘を防ぐことに繋がります。基本的に、便秘の症状に悩まされている人は普通の人よりも腸の健康状態が良くないことが多いのです。

 

そもそも、便秘は腸の中の水分などが不足して便が硬くなってしまうことが原因であることがほとんどです。そのため、腸の健康状態を整えれば必ず便秘を防ぐことが出来ます。

 

最も簡単に健康状態を保つ方法は、水分を定期的にとることです。特に、夜寝る前と朝起きた後は定期的に水分を摂取することが大切です。

 

人間は、基本的に昼間に活動する動物であるため水分の放出量も昼間の方が多いと考えてしまう人が多いです。しかし、人間は夜寝ている間にもかなりのエネルギーを消費しており、特に汗に関してはペットボトル一本分の水分を流してしまうこともあるのです。

 

夏場になるとこの傾向は強くなり、朝起きたときに既にノドがかわく状態だと身体に水分が足りなくなっている証拠だと言えます。

 

また、水分以外にもとらなくてはいけない成分があります。それは、便を外部に排出する作用がある食物繊維です。

 

食物繊維は文字通り繊維のような糸で出来ているものできちんと摂取すればこの細かい繊維が便を外部へと排出させてくれます。

 

食物繊維は水溶性のものと非水溶性のものが存在し、非水溶性の食物繊維が含まれている食べ物を食べるときには水と一緒に摂取しなくてはいけません。

 

こうした日常生活のちょっとした注意で、腸の健康状態を保って便秘を改善することが出来ます。妊娠の便秘にオリゴ糖がいいらしい

便秘

関連エントリー
腸の健康が便秘を防ぐ子どもの便秘にりんごは効果あるか