Top > 外壁塗装 > 結局どの外壁塗装がよいのか?

結局どの外壁塗装がよいのか?

外壁塗装の塗料としては、現状、主にフッ素樹脂塗料、シリコン樹脂塗料、ウレタン樹脂塗料、アクリル樹脂塗料となっています。色々とそれぞれに特徴がありますし、それはよいことではあるのですが、実際に殆どの場合においてシリコン系が用いられることがあります。理由としては耐久年数が10年〜15年とそこそこ長く、安価でもある、ということがあるからです。仕上がりに関しても悪くなく、主に家庭ではこれが最も多いといっても過言ではないでしょう。いくらか特殊な状態であれば違うこともあるのですが、基本はシリコン系になります。フッ素系などは非常によい塗料ではありますし、長く使うことができます。ですが、どうしても高額になってしまうのでそんなに簡単に塗り替えることが本当にできないようなところに用いられることが多いです。アクリル系は致命的なほどに寿命が短いのですが短くてもよいというときには使われることがあったりするのです。それぞれに需要の方向性があるわけです。

塗替え道場の口コミ・評判・2chの評価・トラブルは?

外壁塗装

関連エントリー
結局どの外壁塗装がよいのか?