Top > 病気 > 糖尿病予備軍の時に行える対策とは?

糖尿病予備軍の時に行える対策とは?

ダイエットをしている時こそ、肉や魚・大豆製品などからタンパク質をしっかり摂る、必要な栄養がしっかりと含まれている食事を意識しましょう。

 

また野菜やキノコなどの食物繊維の多い食品には糖質の吸収をおだやかにするなどの作用があります。さらにショウガ・にんにく・とうがらしなどは新陳代謝を引き上げるので、一度はついてしまった脂肪の燃焼を強化します。

 

お店で食事を済ませる際は糖質が中心になる麺類や丼ものは避け、あっさりした和定食から選ぶようにしましょう。

 

また、断れない付き合いでアルコールを摂取せざるをえない時が無いとは限りません。

 

 

 

そのような場合では、糖質ゼロ、カロリーオフのものなどから選ぶようにし、飲む量に気を付けましょう。運動や体を動かすためにはエネルギーを必要としますが、筋肉は血液中の糖を利用してエネルギーに変換します。

 

ゆえに運動することは血糖値を下げる側面があります。

 

 

しかし、運動不足では消費エネルギーも使われないので常にエネルギーが過剰になりインスリンの分泌が増えて膵臓がオーバーヒートしてしまいます。糖尿病になり重い合併症にかかると、寿命を早めてしまうこともありますが、早い時期に気付いて血糖値をきちんとコントロールできれば、日常生活を困難から遠ざけることも可能です。

ですので、糖尿病予備軍かもしれないと気になっている人は、日ごと体のコンディションを糖尿病の症状と比べ合わせてみると、早い段階で発見できるので安心することができます。

 

自覚症状はあまりみられず発見が遅れることも珍しくありません。

 

食が細くなる・疲れやすいといった症状が出てくるケースもあるのですが、肝臓からきていると見抜くことは難しいでしょう。気になった場合は内科のある医療機関へ行き、人間ドックなどを受けることで血液検査をしてもらえるので、確認は難しくありません。血液検査の数値により診断がつきます。インスリンが過剰に分泌された状態は食欲が増幅され、脂肪合成が促進し、その吸収を活発にしたり、また脂肪細胞にたまった脂肪が分解しにくくなるなど、脂肪ががっちりと蓄積します。

 

要するに一度インスリンが過剰になるとまた、食べ過ぎや肥満も進んでいき血糖コントロールが出来なくなる悪循環を引き起こしてしまいます。脂肪肝の怖いところは、狭心症や心筋梗塞などの心臓病、他にも脳梗塞などの血管系の疾患を誘因する可能性があるためです。

 

 

 

脂肪肝の一番の原因は、カロリーの摂りすぎや運動不足があります。

カロリーを消費しきれない状態が続くと肝臓にコレステロールや中性脂肪が蓄積されていきます。

特に30代~40代の人に脂肪肝を発症する人が増加していて、この10年間で2倍以上の増加がみられます。治療法の一つに挙げられるインスリン注射は膵臓が傷ついたことで、正しくインスリンが分泌されなくなったため、体外から補うことで血糖値を安定させるためのものです。

 

しかし血糖が改善をされることで、膵臓がインスリンを作りやすくなるため、注射の量や回数を減らしたり、内服薬のみの治療が導入されることもあります。

 

血糖値を自分でコントロールするのに良いと言われているのは食物繊維です。食べ物の中の糖は消化器官で吸収されて血液とともに流れていきます。食物繊維が糖にまとわりついて吸収を遅くさせたり、便と共に糖を体外へ放出する補助的役割を果たすため、血糖値の上昇を防止できます。脂肪が増えすぎてしまった人は、体脂肪を落とすようにしましょう。

 

 

軽いジョギングなどの有酸素運動を取り入れて脂肪を落とすようにしてみましょう。

 

 

 

また、筋肉が増えると基礎代謝そのものが上がるので、体脂肪が燃焼しやすくなります。

 

また最低限必要な栄養までも不足するようなダイエットは体への負担がかかり健康を害することもあるので注意しましょう。糖尿病におすすめのオリゴ糖こちら

 

 

 

病気

関連エントリー
糖尿病予備軍の時に行える対策とは?最高なのが難聴の最新治療法です