Top > 野菜 > 露地栽培と施設栽培の安全性の比較

露地栽培と施設栽培の安全性の比較

野菜には大きく分けて2種類の栽培方法があるのですが、施設栽培より露地栽培の方がオススメといえます。

 

まず施設栽培についてですがこちらは特定の野菜を施設内で栽培する方法の事を指しており、ビニールハウス内で生産するハウス栽培がその代表例となります。

ハウス内では外界と遮断できることから気温を一定に保つことができますので促成栽培に適しており、また雨が振ることによる農作物への影響を防ぐなど様々な目的でビニールが用いられています。

 

近年では紫外線を吸収したり霧の発生を抑えるなど機能性を有した素材が登場したり、耐候性に優れている素材が登場するなど様々な進化を見せているのですが、利便性が高い一方で野菜栽培における根本的な部分での問題があります。

 

それはビニールの劣化や汚れにより太陽光の透過率が落ちるということで、これは野菜が行う光合成の力が低下し生育が影響することで含有する栄養価が落ちるなど様々な影響が出てしまうのです。

 

私たちがビニールと聞くと食品用のラップなどを思い浮かべる事になりますが、そうした透明な素材とは異なり実際に農地でビニールハウスとして使用されている素材ははるかに透過率が低いのです。

 

こうした点で考えたときに、露地栽培のように周囲に囲いを一切作らず太陽光をしっかりと浴びた野菜の方が栄養価も高くなりやすいといえますので、同じ物を食するのであれば施設栽培より露地栽培で生産された野菜を食べたいという希望を持つ方も多くなるのです。妊婦の青汁でノンカフェインのおすすめは?

野菜

関連エントリー
露地栽培と施設栽培の安全性の比較